2010年07月08日

日本家屋の特徴を生かしたリビングルーム

居間(いま、Living room)は、住宅の中にある部屋の1つ。家族の団欒を楽しみ、寛ぐ部屋と考えられる。 元々は、"drawing room"と述べた。これは、食堂(ダイニングルーム)で、一同が集まって食事をした後の男性たちがタバコを吸いながら、政治と大衆の話、つまり男性の話を始めると、女の子たちはすぐ引き下がり(draw)食堂に隣接した控えの間で進展し、その部屋のことを意味とする。すぐに女性・子供が快適な肩を凝らいないこの部屋の男性も参加することになり、リビングルームには、現在のような家族の休憩中になった。この意味のリビングルームでは、玄関から、家の比較的奥の部屋を指しますそこには来客が通じるのは親族を除いてほとんどない。 しかし、米国では、玄関のすぐ隣に家族が使用していない部屋、来客用の予備の部屋を、"ゲストルーム"と呼ばれる今日、日本国内でも新築住宅で、玄関横の部屋をそう呼ぶこともある。そこには家族がそこにはいつものゆったりとした時間を過ごすことはできないので、呼称に現実が一致しないという矛盾が発生している。今、この状況に対応する"リビング"や"居間"に代わる言葉はまだない。 茶の間(ちゃのま)は、日本家屋で、家族が集まって生活の中心となる部屋のこと。日本家屋では、"居間""リビングルーム"に該当する空間である、食事をする"ダイニングルーム""食堂"の役割も兼ねる。 茶室とは異なり、茶だけの場所ではない。主に食事を取り、家族団らんするための場所となっている。ほとんどは、住宅で日当りの場所にあり、窓が大きく、縁側をお持ちのように進むようになっていることもある。台所と接続されていて、平易な仕切りしか設けられている場合が多い。また、応接間のない家の場合は、お茶の間の役割を担う。そのため、本来の"リビングルーム"とは異なり、家族だけが使用する部屋というわけではない。日本家屋の特徴を生かして、ふすまを外して、隣接する部屋などに接続して、より多くの人員が入ることができるようにすることができる家もある。
posted by ゴロウ at 18:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。