2010年06月29日

大手住宅メーカーがモデル住宅を設営

住宅展示場(じゅうたくてんじじょう)は、一戸建て住宅を建築する場合の比較検討のために、実際に住宅を建てて展示しているところ。名前は、住宅公園、ハウジングセンターにされている場合もある。 地価の高い都市部よりも郊外や地方の大都市周辺にまとまった土地を確保することができる地域や海岸の埋め立て地、工場敷地などに位置している場合が多い。民間放送局の名を冠した(放送会社が運営する)住宅展示場が少なくないことはかつて放送法で設置が要求されていた非常用第二送信所用地の敷地は、今後の規制緩和の全ての遊休地化して、経緯で書かれていた。 ある程度まとまった敷地内に複数の大手住宅メーカーがモデル住宅を設営して、訪問の顧客を比較検討する企画を意図して存在している。家族のお客様がほとんどのため、子供のためのイベントが開催され、体験宿泊を実行させたりもした。 モデル住宅は、通常のフルオプション状態で展示されているので、自分の予算で建設され、それらの違いを正確に把握する必要がある。建設費用だけでも1棟1億円以上が投入されているモデル住宅も珍しくない。モデル住宅は、新製品に対応するため、5年間位の建替えをすることが多い。 カタログで調べることは難しいスケールと動線、納まり等を確認するためには、現物を確認することは無駄ではない。壁や床の構造をカットモデルを示しているものもありますが、品質の優劣を判別モデル住宅のように施工するかどうかを厳密に監視しなければならない。 その前に、モデル住宅の建設維持費を含む膨大な広告宣伝費は、住宅の販売価格に加算されるという事実も忘れてはならない。 住宅展示場の企画運営に従事する企業の業界団体"住宅展示場協議会"は、現在16社が参加している。主にこれらの企業が全国各地で住宅展示場を開催しており、場所を選ぶことで、住宅メーカーの募集、住宅展示場の誘致まで、総合的に行なっている。には、地方新聞社・放送局の主催で命名された場所もあるが、実際の管理運営が一部の企業に委託されている。 2009年2月現在、総合住宅展示場と呼ばれる施設は全国に380カ所余りにも存在している。
posted by ゴロウ at 14:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。