2010年06月25日

首都圏の新興住宅地の例

バブル経済期においては、日本の大都市の地価は軒並み上昇し、これにより、相対的に地価の安い郊外の住宅開発が進められた。その結果、首都圏の新興住宅地は、栃木県小山市と山梨県大月市近くまで拡大している。関東地方は、東京ならば本所(墨田区)、深川などのように、江戸時代に整備された新興住宅地域もあるが、現在は、山梨県大月市シャトル桂台、千葉県のロックタウン木更津(運営企業は、ロック開発)、平和台、我孫子駅(千葉県)駅の北方向、元山駅(千葉県)の区域、光風台駅(千葉県)、新松戸、市原駅周辺、中富(所沢市)南部開発したエステシティ所沢、一本松駅(埼玉県)の南、横浜市では、港北区西部、宮沢(横浜)、杉田(横浜)、緑区霧が丘(横浜)、瀬谷区マークスプリングス(五貫目町の新興住宅地域)、青葉区市ケ尾町中市ヶ尾など、いくつかの、つくばみらい市、神奈川県鎌倉市深沢地域、板橋大谷口上町の大谷口上町住宅改良計画、秦野市東海大学前駅(旧大根駅)周辺、花畑(足立区)、牛久駅周辺、京武山線計画沿線、光が丘(練馬区)佐貫駅、桜新都市、桜新町、秋津と香澄、習志野市袖ヶ浦、渋谷区松涛、小松川2丁目の区域、小坪(逗子市)山、松が丘(所沢市)、常盤台(板橋区)、常盤平駅、新検見川瑞穂区、神奈川県の梶原、西鎌倉、鎌倉逗子ハイランドなど袖ケ浦市#地域(新興住宅地域)、千葉市モノレール2号線沿線、川越西(川越市北西部)、川崎市中原区高津区にもわたってさくらが丘Issac 日吉、蘇我 - 姉ヶ崎間谷津駅、中浦和、鶴川駅の北東、"千の杜"天王台駅前、ひたち野うしく駅、田園調布、土浦市南方郊外、南栗橋駅周辺、日光線鶴田駅、西武不動産が開発した馬堀海岸駅北側、八千代中央駅北部ゆりのき台、新所沢フラワーヒルとして開発された北岩岡北部、北小金駅周囲、北上尾駅、桶川駅周辺、北柏駅南側、北野駅 (東京都)周辺、幕張ベイタウン、万博記念公園駅 (茨城県) 周辺、竜ヶ崎ニュータウンの「北竜台」「龍ヶ岡」、小田急不動産が開発した庭園の杜、などがあり、たまプラーザなどの所得が比較的高い新興住宅地も多い。その他、東京都八王子市南大沢のように長い住宅、住宅の開発によって建設された新興住宅地が混在して、今泉(鎌倉市)の南の丘陵地帯立場のような高度経済成長期に宅地開発が行われ、新興住宅地となったの部分は今泉台が分離して、沼南町内のように、農村部や新興住宅地、工業団地がある住宅街も多い。金曜日の妻たちへは、東京多摩地区と神奈川県の東急田園都市線沿線の新興住宅地を舞台にしている。
posted by ゴロウ at 14:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。