2010年07月06日

風通し、日当りが良い住宅に満足

日差しは、多くの顧客が居住の購入を検討している場合には特に気になるのです。 購入しては、これらの条件を改善することは難しいものなので、分譲かの企画を実行する段階で分譲地域の各住戸に日当たりが確保され次第、隣家との距離、構造、窓の配置などを考慮して設計を進めています。そのため、"窓が大きく、家全体が明るい""太陽の光を考慮して設計された構造になっている"などの酸味に満足しています。 また、窓が大きいとの日当りが良いだけでなく、"風通しがよく気持ち"などの効果もあるようです。 ポラスの分譲住宅の最大の特徴である"1階の天井の高さ2m70cm"が4位にランクされました。サードパーティ製の一般の住宅は、2m20cmで、40cm程度が多いが、ポラス2m70cmにこだわっています。その空間的な余裕が開放感と明るいいくつかの色々な雰囲気を演出します。 "高い天井と開放感がいいですね""ゆっくりと生活できる"など、多くの入居者様からの支持しています。 キッチンは、特に女性が気にされる領域だと考えています。 人気があるのは対面キッチンで、"食事の準備をしながら、リビングルーム、和室が見渡せる""子供たちを見る簡単に安心して家事をする"など、育児をする女性たちの支持をしています。また、妻のための小さな家事コーナーが提供する形式です。コンピュータや家計簿などがあり、妻個人的な空間でリラックスできる場所として有名です。
posted by ゴロウ at 16:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。